コンサルタントコラム

【人事管理】無期転換ルールの確認をしましょう

今回は、2018年4月から本格的に該当者が出てくる無期転換ルールを取り上げます。 無期転換ルールとは、2013年4月1日に施行された改正労働契約法によって、対応が必要になった「期間を定めて労働契約をする場合の新しいルール...続きを読む

DATE :2017/12/11

【人事管理】労使協定の効力とは

1.労使協定があれば労働契約の内容になるか 前回のコラムに取り上げた「有給休暇の計画的付与」を導入するときは、就業規則に規定することと、労使協定をすることが必要となります。この労使協定は、時間外等の協定や休憩時間の一斉付...続きを読む

DATE :2017/11/30

【人事管理】有給休暇の計画的付与で連休を

1.年間の営業日を計画する 11月に入りましたので、壁に掛けた月別カレンダーは、残りあと2枚になりました。年末が近くなり、そろそろ来年の営業日の予定を立てる企業も多いと思います。そこで、社員の出勤日の計画を立てるとき、有...続きを読む

DATE :2017/11/15

【人事管理】外国人技能実習制度について 

1.技能実習制度とは 外国人技能実習は、新聞等で見聞きする制度ですが、実際に行っている企業等以外には、なかなか分かりにくい制度ではないでしょうか。 技能実習制度は、国際貢献のため、開発途上等の外国人を日本で一定期間(最長...続きを読む

DATE :2017/10/24

【人事管理】改正個人情報保護法と社員のメンタルヘルス取扱い

1.改正個人情報保護法と健康情報 社員の病歴等の健康情報は、平成29年5月30日施行された改正個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法といいます。)で定義が明確化された要配慮個人情報の一つです。 要配慮個人情報と...続きを読む

DATE :2017/10/13

【人事評価】フィードバック

フィードバックとアドバイス 人は他者の長所・短所については気づきやすいですが、自分の長所・短所というものは意外とわかっていません。自分自身を客観的に見つめることは、とても難しいことですが、もし自分の長所が分かればそれを伸...続きを読む

DATE :2017/10/09

【人事評価】人事評価における観察記録

事実や具体的行動に基づいた評価でなければ、部下は納得しません。 日常から記録を取ることが評価の説得力を増すことになります。 悪かったことだけを記録するのではなく、良かったことも記録し、褒めることに活用しましょう。 また、...続きを読む

DATE :2017/10/02

【人事管理】改正個人情報保護法と社員の健康情報取扱い

1.改正個人情報保護法と健康情報 平成27年に改正された個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法といいます。)は、平成29年5月30日施行されています。 改正点の一つに個人情報の定義の明確化があり、社員の病歴等の...続きを読む

DATE :2017/09/27

【人事評価】部下のモチベーションを上げる8つの場面

日常から以下の8つの場面を意識して、部下のモチベーションを高めましょう。 ①意味づけ・・・「自分の成長の可能性」など、その仕事自体に意味や価値を感じる時。 ②問題意識付け・・・「仕事の重要性や影響力」を認識させ、主体性・...続きを読む

DATE :2017/09/25

【人事評価】部下が納得できない面談例

人事評価面談において、以下のような面談を行っては、効果は期待できません。上司としてチェックしておくべきポイントです。 □そもそも上司と信頼関係が成立していない。 □上期評価の説明を求めても、根拠があいまい。 □取引先への...続きを読む

DATE :2017/09/19

1 / 612345...最後 »
  • 人事評価・目標管理で使える分析・マネジメントツール
  • 小さな会社こそが実行すべき ドラッカー経営戦略
  • 株式会社ブレインパートナー
  • 営業向け研修・コンサルティング|営業力強化.com

当社へのコンサルティングに関するご相談・問い合わせに関するご相談・問い合わせお気軽にご連絡ください 03-6325-1715【受付時間】10:00〜18:00 (土日祝日定休)

TOP