コンサルタントコラム

【人事管理】デジタルマネーの給与支払い 令和5年4月から

1.趣旨と概要 賃金は、毎月定期的に、通貨で全額を直接支払う必要があります(労基法第24条)。 現在は、労働者の過半数で組織する労働組合か、労働者の過半数を代表する者と書面による協定を結べば給料の銀行振込も可能です。ただ...続きを読む

DATE :2023/01/20

【人事管理】病気休暇制度を検討するとき

1.病気療養のための休暇の必要性 新型コロナ感染症などの病気の影響で療養が必要になった時、年次有給休暇とは別に取得できる休暇制度を作っておくことは、社員が安心して働ける環境づくりの一環になります。 多様で柔軟な働き方とし...続きを読む

DATE :2023/01/19

【人事管理】新型コロナウイルス感染症による欠勤

新型コロナウイルスに感染症は重症化率が低くなった傾向があるようですが、陽性になった時は、勤務を休むことになります。いまだ状況は流動的ですが、社員を休ませたときに賃金等をどうするかを改めてまとめてみます。   1...続きを読む

DATE :2022/12/19

【人事管理】月60時間超え時間外労働は割増引き上げ

1.中小企業を対象に2023年4月1日から改正になるポイント ◆月60時間を超える時間外労働の割増賃金率が50%以上になります ◆月60時間を超える労働の割増引き上げ分支払いの代わりに代替休暇を付与することが可能です &...続きを読む

DATE :2022/12/19

【人事管理】事業主が知っておきたい公金受取口座とは

1. 社員が公金受取口座を利用して受け取れる給付金 金融機関の預金口座を給付金等の受け取りの為の口座として国(デジタル庁)に登録する制度、通称「公金受取口座登録制度」が始まっており、任意ですが登録をするとマイナポイントが...続きを読む

DATE :2022/11/28

【人事管理】インフレ手当支給が6.4%_帝国データバンク調べ

1. 支給予定と検討中を含めると4社に1社が取り組む 帝国データバンクは、「インフレ手当」について、2022年11月11日から15日まで、有効回答企業1,248社から得たアンケート結果を公表しました。 物価高騰をきっかけ...続きを読む

DATE :2022/11/22

【人事管理】出生時育児休業と休業給付金・保険料免除の変更

1. 出生時育児休業(産後パパ育休)がはじまっています 2022年10月から、男性の育休を促進するために、配偶者が出産する男性で希望する人は、子の出生後8週までの間に最長28日間まで(分割取得を希望する人は2回まで)出生...続きを読む

DATE :2022/10/28

【助成金】雇用調整助成金等の不正受給への対応強化

1. 特例措置 新型コロナウィルス感染症による雇用調整助成金の特例措置は、このコラムの掲載時点で令和4年11月まで延長されています。 そして、令和4年10月と11月の中小企業における原則的な支給率は、4/5(解雇などがな...続きを読む

DATE :2022/10/21

【人事管理】最低賃金について

1. 東京都・大阪府は31円アップ 毎年秋には最低賃金の改定があります。今年の地域別最低賃金の全国加重平均は961円になりました。 都道府県ごとに決められた地域別最低賃金が出そろっています。なお、東京都は31円アップの1...続きを読む

DATE :2022/09/21

【法改正】改正育児・介護休業法オンライン説明会(東京労働局)

2022年4月から段階的に改正育児・介護休業法が施行されています。 2022年10月には、今回の改正の大きな柱となる産後パパ育休が始まります。 改正を繰り返して充実してきた育児・介護休業法は、利用する人にはメリットが増え...続きを読む

DATE :2022/09/09

  • 人事評価・目標管理で使える分析・マネジメントツール
  • 小さな会社こそが実行すべき ドラッカー経営戦略
  • 株式会社ブレインパートナー
  • 営業向け研修・コンサルティング|営業力強化.com
  • 営業管理職研修について詳しく知りたい方はこちらから!
  • 貴社の人事評価制度を診断!人事評価制度に潜む問題点を明らかにします!

当社へのコンサルティングに関するご相談・問い合わせに関するご相談・問い合わせお気軽にご連絡ください 03-6325-1715【受付時間】10:00〜18:00 (土日祝日定休)

TOP